食品添加物とワキガの関係

ワキガを治す食生活記事一覧

食品添加物とワキガには関係があるのをご存知でしょうか?

ワキガは食品添加物を摂取することにより、悪化してしまうことがあるんです!

ワ食品添加物は、ワキガだけではなく体臭にも影響を与える可能性があるんですよ。

今日は、食品添加物とワキガの関係についてご紹介していきたいと思います。

日本は食品添加物の幅が広い

食品添加物とは、長期保存を行うための防腐剤や甘味料、着色料、香料など、食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

実は、日本は認可されている食品添加物の幅が海外に比べるととても多いんです。

日本/351品目
アメリカ/133品目
ドイツ/64品目
フランス/32品目
イギリス/21品目

海外でも食品添加物の毒性は問題視されています。

とくに食品添加物の「防腐剤」は毒性がとても高いと言われていて、ネズミにほんの少しだけ与えただけでも死んでしまうという実験結果があります。

食品添加物が使われているものは?

食品添加物が使われている食品はたくさんありますが、代表的なものをとりあげていきますね。

・ジャンクフード
・お菓子類
・カップラーメン
・レトルト食品
・マーガリン
・醤油風・みりん風調味料
・回転寿司店のネギトロ
・ソーセージ
・カット野菜
・コンビニのおにぎりやおでん
・缶詰のみかん

など

食品添加物とワキガの関係

食品添加物は

食品添加物が体の中にたくさんはいると、体は「毒物が侵入してきた!」と判断してデトックスをしようとします。

そのデトックス方法は「活性化酸素を発生する」ということなのですが、この活性酸素により脂質が酸化して、ワキガ臭が強くなってしまうのです。

活性酸素による影響はワキガの人だけではありません。
体臭が強くなったり加齢臭の原因となることも多いです。

体臭・ワキガを強くさせないために

普段からファーストフードや外食が多い人は、食品添加物を摂取しやすいです。
なるべくオーガニックなものを選んで自炊する生活をこころがけてみてくださいね。